『クリパルヨガ』について

ポーズでも、呼吸のエクササイズでも、瞑想のテクニックでもありません。それは、一瞬一瞬を生きる体験の中で、どうしたら今を十分に生きるかを学ぶ事なのです。クリパルヨガの最初の実戦段階では、ポーズと呼吸への気づきを組み合わせながら、体の中に自分自身をしっかりと存在させる方法を学びます。実践が深まるにつれて、今に存在する能力は、ヨガの技術を超え、健康を育み、心理的な成長を促し、より高い可能性を呼び起こす効果的なツールとなります。(書籍:クリパルヨガより)

 

クリパルヨガの3つのステージ

ステージ1:体と呼吸への気づき

      体の中で自分自身を今におき、呼吸の流れ、適切なアライメント、感覚に心を集中させな

      がら、伝統的ヨガのポーズを実践する事を学びます。

      目的:多くの健康上の問題の裏に潜んでいる慢性的な筋肉の緊張をほぐしながら、体全体をストレ

      ッチして強くする事です。

ステージ2:内面的集中

      深いところに根付く感情や心の緊張に向き合い、それを解きほぐす事を学びます。

      目的:ハートを開き、マインドを浄化する事です。ポーズをより長い時間ホールドし、その結果

      として流れ出てくる強い感覚、感情、思考に心を集中させます。

ステージ3:動く瞑想

      心は深くリラックスして、体が内側からの導きに合わせて自発的に動くのに任せます。

      この体験では、外側から学んだすべての事を手放し、体の衝動や直感的な要求にダイレクトに

      答えていきます。

      

      (書籍:クリパルヨガより)

 

RainbowYogaRoomでは、上記のクリパルヨガの手法を使いクラス構成をしています。